婚約破棄するとどうなるか

交際中の片方あるいは双方が結婚を決意し、片方がもう片方に結婚を申し込みました。この申し込みを受諾すると、「婚約」ということになります。

婚約とは、将来婚姻することを約束する男女間の合意ですが、これは、(ヘンな言い方ですが)婚姻の予約という事ができます。予約なので、別に結婚が成立したわけではありません。結婚の成立は、法的には別の要件が必要になってきます。

参照:婚姻(結婚)の成立について法的見地から

実際に婚姻が成立したわけではないのですが、予約は予約で破棄すれば法的効果が発生しますので、その辺をご説明したいと思います。

まず、婚約ですが、当事者間が将来結婚しようという合意があれば成立するとされています。何らかの書面にしなければ成立しないとか、結納の授受がなければ成立しないとか、そういうことではありません。

「結婚してください」
「はい」で婚約は成立するということですね。

ちなみにですが、婚姻不適齢者(男子18歳未満、女子16歳未満 民法731条)でも婚約は成立するし、また、未成年者の婚姻で父母の同意がなくても、婚約は有効です。

しかし、重婚該当者や近親婚該当者の婚約は無効となります。無効ですから、その婚約は始めっからなかったことになります。
参照:結婚の障害となる事由とは(婚姻障害事由)

不幸(と言っていいでしょうね)にも、婚約が不履行、つまり、婚約破棄となった場合はどうなるのでしょうか。
正当な理由なく婚約を破棄した者や何らかの責に帰すべき事由(責められるべき理由)により相手方に婚約を破棄させるに至らしめた者は、その相手方に対して債務不履行の損害賠償責任を負うことになります。

婚約した以上、双方は婚姻する義務を負うということになるわけですが、結婚の意思がなくなった以上、履行(婚姻)を強制することはできないということで、損害賠償責任を負うということです。
この辺は、通常の契約とは趣が異なると言うことです。

婚姻が成立しなかったと言うことですので、結納を済ませていれば、返還しなければいけません。