婚姻(結婚)の終了事由

始まることもあれば、終わることもある、ということで、婚姻の終了についてお話したいと思います。

婚姻の終了と一口に言っても、いろんな形態があります。
先日お話した、結婚当初から(原始的瑕疵)婚姻障害事由があれば、それは婚姻取り消し事由になります。この婚姻の取り消しも婚姻の終了のひとつです。婚姻(結婚)の取り消しについて

次に、結婚後の発生事由(後発的事由)によって婚姻が終了する場合です。
夫婦の一方が死亡する死別も後発的婚姻終了事由ですよね。

そして、離婚も後発的婚姻終了事由です。離婚は、基本的には協議離婚(民法763条)になります。夫婦の一方もしくは双方に、結婚を解消したい意思があれば、話し合いにてその離婚に向けた協議になるわけです。

この話し合いで離婚が決まればそれでいいのですが、必ずしもそうなるものでもありません。そもそも一方に離婚する意思がなかったり、親権の問題や財産分与等の条件面で折り合わないこともあるでしょう。

それでも、一方ないし双方に離婚の意思があれば、裁判離婚になるわけです。もっとも、協議が不調に終われば直ちに裁判に入るわけではありません。離婚の管轄は、家庭裁判所になるわけですが、裁判に入る前に、「調停」と言う段階があるわけです。調停とは、第三者が間に入って離婚に向けて話し合うと言うことですが、この調停画も話しがまとまらない場合に裁判にはいるわけですね。詳しいことは後日お話していきたいと思います。

この婚姻終了事由ですが、ここまでお話したことを下に簡単にまとめてみました。

婚姻の終了 ⇒ 原始的瑕疵による終了 ⇒ 婚姻の取り消し
      ⇒ 後発的事由による終了 ⇒ 死別
                  ⇒ 離婚 ⇒ 協議離婚
                      ⇒ 裁判離婚 ⇒ 調停 → 裁判