法的親子関係について

夫婦の法律関係についていろいろお話しましたが、ここからは親子関係についてお話しましょう。

親子関係を法的に分類すると、血としての親子関係、つまり、自然血族関係の実子関係と、法律によって結びついてた親子関係の養子関係に分けることができます。

この実子関係も、法律上夫婦である関係の夫婦から生まれた嫡出子、そうでない男女から生まれた非嫡出子に分類されます。

嫡出子はさらに、生まれもっての嫡出子である生来嫡出子と、非嫡出子として生まれたが、後に父の認知もしくは男女の結婚によって嫡出子となった準正による嫡出子に分類されます。

この準正による嫡出子は、認知準正によってなのか、婚姻準正によってなのかにさらに分類できます。戻って生来の嫡出子は、母の懐胎の時期によって、推定を受ける嫡出子と推定を受けない嫡出子に分類できます。

そして、養子ですが、実父母との親族関係が継続する普通養子と実父母との親族関係が終了する特別養子に分けることができます。

それぞれは、これからお話していきますが、まとめますとこういう感じになります。

実子 → 嫡出子 → 生来の嫡出子 → 推定を受ける嫡出子
     →  推定を受けない嫡出子
   → 非嫡出子 → 準正による嫡出子 → 婚姻準正による嫡出子
                   → 認知準正による嫡出子
養子 → 普通養子
  → 特別養子