嫡出推定の子をを夫が「オレの子じゃない!」言いたいとき

嫡出子についてお話してきました。
推定を受ける嫡出子と推定されない嫡出子は、生まれた日ではなくて、妊娠した日について考えていくと整理がつきやすいということです。

さて、この嫡出子ですが、あくまで「推定」の話です。条件が揃っていれば、
「そりゃあそういうことでしょ?」という話なんですね。

その通りなのであればそれでいいのですが、その通りではない場合だって当然あるのです。
母親は、自分の生んだ子ですから、推定も何もないわけで、こういう問題にはなりません。
しかし、父親は、違います。推定を受ける嫡出子であっても、「オレの子じゃない」と推定を覆すということはあり得るわけですよね?

そこで、民法では、父親に「この子は自分の子ではないです」と主張することができる規定を置いています。これを、「嫡出否認の訴え(民法775条)」といいます。

この訴えは、原則として夫しかできません(民法774条)。ただし、その夫が死亡したり成年費後見人になったりした場合は、この限りではありません。夫の親族などからの訴えが可能になります。

この夫が訴える相手方は、子または親権を行う母になります。親権を行う母がいなければ、家裁がその代理人を宣しなくてはなりません(民法775条)。
この訴えの期間は、原則としてその夫が出生の事実を知ってから1年間です(民法777条)。

ちなみにですが、ここの部分は、行政書士試験平成27年度に出題されました。
この部分と772条の部分ですね。
http://xn--8prp7ir4movbgbz8lpz5hcsd05p7hy.xyz/27-46-1/
http://xn--8prp7ir4movbgbz8lpz5hcsd05p7hy.xyz/27-46-2/

ただし、夫がこの訴えの前に生まれた子の嫡出性を認めていた場合、つまり、自分の子であると認めた場合は、この訴えはできません。否認権は失います。自分で認めておいて、後でそれを否定するなんて、そんなことは認められないでしょう、ということです。