推定を受けない嫡出子の場合

前回は、推定を受ける嫡出子を自分の子ではないと否認する、「嫡出否認の訴え」についてお話しました。

今回は、推定嫡出子以外の親子関係を否認する、「親子関係不存在確認の訴え」についてお話しましょう。その前に、再度、話を整理しておきましょう。

推定を受ける嫡出子とは、婚姻中に懐胎した子であり、父親がその母の夫であるがゆえに推定を受けるわけです。
ですから、その父は、その子が自分の子ではないとなれば、推定を否定するわけです。ゆえに「嫡出否認の訴え」を申し立て得るわけですね。

他方、「親子関係不存在確認の訴え」は、推定を受けない嫡出子の場合であり、父親は自分の子であるとは推定を受けていません。ですから、否定ではなく、「自分の子ではないということを認めてほしい」ということになるわけです。

元に戻って「親子関係不存在確認の訴え」ですが、これは、民法規定があるわけではなく、判例によって認められたものです(平成18年7月7日 最高裁判決)。

利害関係者であれば、誰でも提訴することが可能になります。
訴えの相手方は、確認を求める相手方です。そのものが死亡していれば、検察官になります。