推定嫡出子の補足

推定嫡出子に付いて、補足させて頂きます。

嫡出子とは、法律上婚姻関係にある男女を父母として生まれた子のことを言います。
これは、772条1項2項により彼ら夫婦の子であると推定されるわけです。嫡出子とは

これを推定される嫡出子というわけですが、推定というのは、いくつかの条件が揃っているのだから、こう推定してもいいだろうということですよね?

しかし、その条件という推定嫡出子の前提がおかしかったら、推定というのは崩れてしまうわけです。

通常、夫婦というのは、結婚中は、継続的に肉体関係があるとされています。
それは、夫婦には同居義務と守操義務があるからです。

ですから、そのような事実がないとされている場合は、嫡出子推定の基礎が崩れているわけですから、「?」となるわけですね。
つまり、婚姻後200日以降300日以内の出産だけど、夫による懐胎が字事情不可能な場合です。

例えば、その夫婦が婚姻状態であっても、数年にわたって別居状態で夫婦関係が破綻状態であって、離婚後300日以内に生まれた場合、夫の出征中に懐胎したと推認される場合。

これらは、たとえ、形として婚姻継続中に懐胎したとあっても、推定嫡出子としてどうなのか?ということになります。

このような場合は、形式的には推定嫡出子であっても、推定は及ばないので、
法的には「推定の及ばない子」とされるんですね。

勘違いしてはいけないのは、推定の及ばない子でも戸籍上は嫡出子として記載されます。
なぜこのような呼ばれ方をするのかというと、以前の判例でこのような分類をされたことがあり、このような形になっています。

こちらの方は、推定を受けない嫡出子のように、「親子関係不存在確認の訴え」で法的確定を図っていくことになります。