非嫡出子と認知

ここまで、暫く嫡出子についてお話してきましたが、
非嫡出子という概念についてお話していきます。

嫡出子は、いろいろ細かいところでの線引きがあって分類することができましたが、
非嫡出子はシンプルです。

非嫡出子とは、法律上の婚姻関係にない男女を父母とする子のことを言います。
例えば、愛人に生ませた子などは非嫡出子になります。

非嫡出子の問題は、「父親は誰か?」という一点に尽きます。
嫡出子の場合は、推定されないとかされるとかありますが、
基本的には嫡出子であることには変わりはありません。

しかし、非嫡出子は、父母が婚姻関係にないので、
母はその子を生んだ女なので分娩の時点で誰だかはすぐにわかりますが、
父とその子の関係は法的に親子関係ではありません。
ということは、法的には誰が父親だか判らないことになります。

この非嫡出子と父親を法律上の親子関係を生じさせる行為を「認知」といいます。

非嫡出子として生まれた場合、とある男と生物学上親子の関係でも、
そして、その男と傍目も実質的にも親子のように生活していても、
認知という行為がなければ法的に親子とは認められないんですね。

それでもいいじゃないか、という人もいるかもしれませんがそれは違います。
法律上の親子関係がないとなると、そのままでは相続が受けられないことになります。
これは、完全に子供の立場を害しているようなものですよね。

ですから、父親がその非嫡出子を「この子は私の子です」と認める行為が必要なのですね。

上の例でいえば、有名実業家が、愛人に生ませた子を、「あの子は、実は自分の子なんです」
と認めることですね。

認知は2種類あります。

父が自らの意思で認知すること、これを任意認知といいます。
裁判によって強制的に認知させること、これを強制認知といいます。