銀行と貸金業との違い

一般的に言って、現代社会生活では、
何らかの借金をするということはなんら珍しいことではなく、むしろ、「ウチは借金はないよ」
という家庭の方が少数派ではないかと思います。

ローンも含めて借金と言いますが、借金をする場合は、
公共の金融機関を除けば、銀行か貸金業者になると思います。

この銀行と貸金業者、違いって分かりますか?

もちろん、銀行は銀行、貸金業者は消費者金融みたいなものということはお分かりだと思いますが、
いずれもお金を貸してくれます。

信販会社も強引に貸金業者としてしまえば(ある意味同じですが、ある意味違います)、
銀行も消費者金融・信販会社連合も、お金は貸してくれるし、ローンも組めます。

やっていることは、一見同じですよね?
では、違いって何なんでしょうか?

ちょっと考えて見ましょう。

貸付形態が違う

まず銀行は、日銀より貸付けを受けて、企業矢事業主にお金を貸し付け、
その金利が利益ということになります。

大体、法人相手の貸付けですよね?

他方、貸金業者は、ほぼ消費者相手に貸し付けて、その金利利益がビジネスモデルです。
いわば、個人貸付けということになります。

ちなみに、最近は、銀行も個人貸付け事業に参入しています。
昨今の、銀行が消費者金融を傘下に収め、その消費者金融が個人貸付けすることで、
事業経営しているんですね。

規制法律が違う

言うまでもありませんが、銀行は預金事業も行っております。
これも大きな違いではあります。

で、結局、銀行も貸金業者も法人です。
法人とは、法律によってその権利義務が認可され、法律によって、その活動を制限されています。

銀行の場合は「銀行法」、貸金業者の場合は「貸金業法」になります。
これらは、そのぞれの活動を制限し体増すが、その趣旨は「利用者保護」になります。

この法律の違い、面白い事象が起こっています。

総量規制というものが貸金業法で規定されています。
この総量規制、貸金業法の規定ですので、適用されるのは、貸金業者、信販会社の貸金業務だけです。

銀行の貸金業務には適用されないんですね。
同じ貸金業務なのに面白いと思いませんか?