利息制限法の話

生活に密着するお金の話と言えば、
借金の話は外せません。

借金に関する知識で知っておかなければならないのと言えば、
利息ですかね。

利息って実は返済していく過程では見えづらいものなんで、
重要とはなんとなくわかっていても、実際は軽視しがちだと思います。

そこで、利息の知識を。
利息と言えば、「利息制限法」です。

利息制限法とは、
キャッシングなどの利息について制限を決めている法律です。

第一条  金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
一  元本の額が十万円未満の場合 年二割
二  元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
三  元本の額が百万円以上の場合 年一割五分

「金銭を目的とする消費貸借」というのがキャッシングのことです。
キャッシングは、法律上では消費貸借契約という契約に当たるんですね。

そして、その場合の利息の話です。

その利息の利率で計算した金額を超えるときはその超過分は無効利息となる、と。
それが1号から3号までの3パターンあるということです。

実際に計算してみる

ちょっと実際に計算してみましょう。

50万円キャッシングしました。
ですから2号のところですね。
年の利息が元本50万円の1割8分ですから18%です。

50万×0.18=9万

50万円キャッシングした場合、
年で取れる利息の上限額は9万円です。

これが利息制限法の規定です。

利息制限法超過分とは

これを超える場合は無効とありますが、どういうことでしょう。
これも実際に計算してみましょう。

同じく50万円のキャッシングで、では年率で20%とします。

50万円×.0.2=10万円

但し、利息制限法の上限利率は18%です。
20%は違法利率なんですね。
ですから、20%の場合の10万円から適法(利息制限法)の場合の9万円の差額、
1万円となり、この1万円は無効です。

1万円が無効というのは、ちょっとかわかりづらいですね。
この1万円は、無効ですから取ってはいけない利息であり、
取る理由のない利息です。

ですから、取っちゃった場合は返還する義務が生じます。

そう、無効というのは、法律上無効という意味であり、
法律上無効というのは、はじめっからそんな法律行為はなかった、というものなんです。

だから、
なかった状態に戻さないとならないのですね。

利息制限法は、そういった法律です。