保証人について、基本的な話

お金を借りたり、住宅ローンなどの大き目のローンを組む場合、
保証人というものが必要だったりします。

この保証人、概ねはどういうものかはお分かりだと思いますが、生活するうえで
必要程度の知識についてお話してみたいと思います。

保証人とは、債権者から見て、債務者が債務を履行しない場合の担保になります。

債権者と債務者については他ページで解説していますが、
例えば、あなたが銀行からローンを組むとしましょう。
この場合、債権者が銀行、債務者があなたです。

銀行としては、しっかりその債権が回収できることを強く望むわけです。
タダ、その債務者、つまり、あなたがしっかり約束通りに返済できる保証はありません。

保証のしくみもちろん、そのためにしっかり審査はするわけですが、それでも債権者は心配です。
大金ですし、特に銀行はその点慎重です。

そこで、「いざ」というときのために、代わりに返済してくれる「担保」がほしい、
ということになり、それが保証人ということなのです。

仮にあなたが何らかの理由で返済できなくなった場合、その保証人が返済してくれる、
ということになります。
これが保証人ということになります(民法446条1項)。

主債務と保証債務ちなみに、この場合の債務者、つまり、仮のあなたは「主債務者」と呼びます。

図式としては、あなたが負っている債務を主債務、保証人が負っている債務を保証債務なんて言い方をします。

ちなみにですが、このような人が担保になる場合を人的担保なんて言ったりもします。

人的担保の他に物が担保になる場合もあります。

これを物的担保と言いますが、よく担保にされるのが土地や家などの不動産です。
この場合は、主債務者が債務の履行ができない場合に備えて抵当権を設定し、
「いざ」と言うときに抵当物件を競売にかけてその売掛金を債権回収に充てていくことになります。

これが保証人の、皆さんが知っている知識になります。
まだこれから先に、保証人についてお話していくことにします。