借金の保証人は連帯保証人

保証人はどんなことをするのかについて解説してきましたが、今回はもっと具体的なお話をしましょう。

保証人が必要なシチュエーションというのは、ローンや借金の場面です。保証人の役割から考えれば当然なのですが、保証人は借金の回収ができない場合に登場してきます。
これも、すでにお話しています。

この場合の保証人と言うのは、法律的にいえば「保証人」ではなくなります。
この場合は「連帯保証人」ということになります。

連帯保証人とは

これは、自動的にそういうことになるわけではなく、「連帯保証契約」という契約を結ばないとそうはならないのですが、債権者は、必要とあらば保証人ではなく連帯保証人を要求してきます。

連帯保証人というのは文字通り主債務者と連帯しています。主債務者と連帯保証人は、「連帯」ということ。
保証人は、お話してあるとおり、主債務者が支払い不能となってから登場し、なおかつ、債権者に対して抗弁できる権利がありました(催告の抗弁権、検索の抗弁権)。

しかし、連帯保証人は主債務者が支払い不能に登場してくるところは同じですが、登場してからはも主債務者のように振舞わなければなりません。
どういうことかというと、催告の抗弁権、検索の抗弁権がなく、「借金返して」と請求されれば、その時点で連帯保証人に返済義務が生じます。

これが「連帯」の意味です。

債権者にしてみれば、雲隠れしたり、本当に返すお金がないのかは分かりませんが、返済できない主債務者に請求するよりも、所在が分かっている連帯保証人に請求する方がラクだし、債権徴収できる可能性はずっと高まります。

主債務者が500万円残してばっくれたら、連帯保証人は、この500万円の返済義務がのしかかってきます。
そう、連帯保証人と主債務者は、2人合わせて借金を返済する義務を負っていると言えるのですね。