「債権の行使」ってどんなこと?借金返済を例に解説

債権と債務については以前お話しましたが、別の視点でお話してみたいと思います。

「債権を行使する」といいますが、どんなことをするかご存知でしょうか?債権と債務ってペアである、表裏一体であるわけですが、その債権者が債務者にできることってどんなことなのでしょうか?

これが、「債権を行使する」ことができるわけです。自分の持っている権利を行使するというわけですね。例を挙げてご説明します。

債権行使で最もわかりやすいのは、やはりお金、金銭の貸し借りについてですかね。

貸し手が債権者、借り手が債務者です。
銀行から借金をした債務者が、返済期限までに返済ができないとします。もともと債務者は、返済期日までに返済しなければならない義務があったわけで、これができないとすると、ここで債権者が債権を行使します。

「約束守ってくれなかったですね。早く返済してください」と。この請求、債権の行使になります。
債権とは、請求する権利ですから、借金返済してもらう権利があるわけですから、当然の行使です。

大体の債務者は個々でギブアップします。物理的に返済ができないのなら、債務整理による借金返済が始まるでしょう。

これでも返済してくれないと、さらに強い行使ができます。債権者も基本的には、穏便に済ませたいはずなんです。だから、最初は請求だけしてましたけど、これでは効果がないようです。だから次の一手。

この債権者、面倒くさくなって最終的な債権行使に出ます。
債権は最終的には、裁判所を利用して強制的に債権の行使ができます。

債権というものは、ここまでできるんですね。
強制執行された債務者は、たまったものではありません。だって、給料の差し押さえとかできますから、そうなれば会社にもばれます。場合によっては、会社に居づらくなってしまいますよね。

まあ、どうしても借金返済できなくなっているのであれば仕方がありませんが、ただ徒に返済しなかったのであれば、後悔しきりなのではないでしょうか。

こうなってしまう前にできることはあったはずです。
債務整理してしまうとか、いくらでもできることはあったはずなんですが・・・

債権の行使は、ここまでできるんですね。
ですから、借金に限りませんが、何らかの債務者になっている方は、そのへん侮らずにしっかり約束を守ることをおすすめしますよ。