三権分立ってなに?

「三権分立(さんけんぶんりつ)」って聞いたことありませんか?
これは政治知識と言いますか、憲法の知識でもあります。

大人ならぜひ知っておいてほしい知識ですので、
知らない方はよかったら見ていってください。

三権分立とは、3つの権力が分かれて存在しているという感じの意味です。
3つの国家権力が、お互いに監視・抑制しながら、それぞれの権力を行使するという意味です。

司法(裁判所)・立法(国会)・行政(内閣)

その3つの権力とは、国会・内閣・裁判所です。
別の言い方をすれば司法(裁判所)・立法(国会)・行政(内閣)になります。

なぜこの別名ができるかというと、国会が立法権、内閣が行政権、
裁判所が司法権という、3つの国家権力を担っているからなんですね。

国会というのは国会議事堂をイメージしてもらえばいいですが、
選挙で選ばれた国会議員が法律を作るところ、だから立法権です。

行政権はその法律を行使して国を運営するところです。
もっと身近な例でいえば市役所とかそんなイメージですね。

内閣は、その行政の頂点に当たります。
内閣総理大臣が内閣府の長であり(市長)、
その下に各省庁、そしてその下に地方の行政機関が並びます。

裁判所は司法権を行使するところ。
司法とは、ここでは裁判によって人などを裁く権利程度の認識で結構です。

なぜ互いに監視・抑制する?

先ほど、三権は互いに監視抑制すると言いましたが、なぜ監視抑制するのでしょうか。

それは、その権力が必要以上の権利行使して、
国民の人権を侵害しないようにするためです。

これは、西洋の価値観なのですが、権力というものは暴走するものという、
性悪説から端を発した考えからです。

日本人はとかく性善説から入っていきがちですが、
この辺は違いますね。

権力が暴走して起こるものは、人権侵害です。
例えば、国会(立法権)が暴走して、万引きしたら死刑、
なんて法律を制定してしまったとしましょう。

万引きは悪いこと、窃盗罪という刑法犯材ですが、
罰として死刑なんてのは誰が見てもやりすぎですよね?

明らかに立法権という国家権力の暴走です。

この場合、司法権は違憲立法審査権という権利を行使することができますし、
内角も衆議院の解散権があり、議員を失職に追い込むこともできます。

このような権利行使がなされるため、国会は自ら暴走しないようにしているわけだし、
逆に、裁判所や内閣が暴走しないように監視して、抑制効果をもたらす権限があるのです。

三権分立は憲法で規定されている

この三権分立、日本国憲法に規定されています。
明確に三権分立ですんで、なんてきていはありませんが、
立法権、行政権、司法権の所在がどこに帰属しているかは明確に規定されています。

立法権

憲法41条
 国会は、国権の最高機関であつて、国の唯一の立法機関である。

行政権

憲法65条
 行政権は、内閣に属する。

司法権

憲法76条1項
 すべて司法権は、最高裁判所及び法律の定めるところにより設置する下級裁判所に属する。

どうです?

三権分立云々なんて一言も書かれていませんが、
文言からも各権力をそれぞれの機関が独占している旨の記述になっていると思いませんか?

三権分立を表す憲法規定はこれだけではありませんが、
司法権・立法権・行政権がどの機関に属しているとの規定はこの3つです。