親族について

家族の法的問題や相続、結婚に関して、知っておきたいのが、「親族」という概念です。

誰々から見て自分は親族なのか、あるいは、自分から見て誰々は親族なのか、これは結構重要な問題です。同親族同士でも結婚できる場合がありますし、関係なかったのに親族となって推定相続人になる可能性だってあります。

ですから、家族の問題を検討する前に、どうかこの「親族」というグループについて把握して置いてください。

まず、親族とはどういった者なのか。
親族とは、自然血縁、婚姻、養子縁組を通じて、一定の身分関係にある者の総称をいいます。

そして、親族の範囲とは民法725条に規定されています。
それは、

  • 6親等以内の血族であり、
  • 配偶者、
  • 3親等以内の姻族

になります。

この725条について解説します。

「血族」とは、生物学的血縁関係にある者をいいます。あなたから見ておじいちゃんは血族ですし、親ももちろん血族です。
これが基本ですが、もうひとつ血族と呼ばれる者がいます。それは、養子や養親などの、法律関係によって血族となる者です。法定血族といいます。

そして、「姻族」ですが、これは配偶者の血族、血族の配偶者を言います。結婚によって通じ繋がっている者ですね。
ちなみに、配偶者は血族でも姻族でもありません。「配偶者」です。

また、親族には「直系」「傍系」という概念があります。
直系とは、自分の父祖、子孫にあたる者をいいます。それに対して、その他の者を傍系といいます。
あなたをお父さん派、直系血族、あなたの兄弟はあなたから見て傍系血族ですね。
さらに、「尊属」「卑属」という概念もあります。
尊属は、あなたから見て父祖の世代に当たる者、卑属はあなたの子孫の世代に当たる者をいいます。

下の図は、親族の範囲をあらわしたものですが、参照してください。
親等の数え方ですが、直系血族の場合、世代がそのまま親等になります。

傍系血族の場合は、共通の始祖に遡って(①)、他方の一方に降りる(②)までの世代数を数えます。例えば、あなたの兄弟とあなたの場合、まず、親の世代の遡り(①)、そこから兄弟まで降ります(②)。つまり、あなたとあなたの兄弟は2親等ということになります。

同じ理屈で行けば、あなたと従兄弟は。4親等ということになります。

では姻族の数え方はどうなるでしょうか。
ここはちょっとわかりづらいですが、配偶者の父母は1親等と数えてください。つまり、姻族の場合、夫婦を一体として計算してください。
自分の兄弟は2親等であるとしましたが、配偶者の兄弟も2親等となります。